髪が抜けるバイオリズムを考えてみる

髪が抜けにくい時期や抜けやすい時期があるって本当?

毛の生え変わりと聞くと動物を想像してしまいますが、実は私たち人間にも毛の生え変わりというものが存在します。
髪の毛自体ずっと同じ髪が伸びるということはなく、ヘアサイクルというものがあり常に生え変わっていくものですが、ヘアサイクル関係なく髪が抜けにくい時期と抜けやすい時期というものが存在するのです。

抜け毛は永遠に増え続けるものではない

ヘアサイクルに関係なく、人間には髪が抜けやすい時期と抜けにくい時期が存在します。つまり、何の対策もしなくても抜け毛はずっと増え続けるというわけでもなく、抜けにくい時期であればどんなに髪が退行期であってもそこまで抜け毛に悩まされることはないということです。
しかし、再び髪が抜けやすい時期に突入してしまえばどんどん髪は抜けていきます。
そのため一時的に抜け毛が減ったとしても、育毛剤や育毛の効果が出ているわけではなくただ髪が抜けにくい時期に入っているというだけかもしれないということは覚えておいたほうがいいでしょう。
抜け毛にもバイオリズムがあるということを理解しないまま育毛を続けていると、抜け毛の停滞期に入ったことを「育毛効果があった」と勘違いしてしまい、きちんと効果を感じられないうちに育毛そのものをやめてしまう可能性があるからです。

育毛の効果が感じられなくないのはバイオリズムの影響かも

たとえ順調に育毛を続けていても、やはり髪が抜けやすい時期には当然抜け毛も増えてきます。
またしばらくすれば髪が抜けにくい時期に移行していくので抜け毛は収まってきますが、中には抜け毛が増えてしまうことで「育毛効果があまりないのかな」と感じて育毛をやめてしまう人もいるでしょう。
しかし、そこでやめてしまえば当然今までの育毛は無意味となってしまいます。
少しぐらい効果を感じられなくなっても「抜け毛の時期なんだ」ととらえて根気よく育毛を続けることが大事です。

抜け毛が減ったのは育毛効果?それともバイオリズムのせい?

育毛剤を使っていて、抜け毛が増えたり減ったりしていると、育毛効果で変化が出ているのか抜け毛のバイオリズムのせいで変化が出ているのかわからなくなってしまいます。
もちろん本当に育毛効果が出ている時期もありますし、毛が抜けやすい時期にさしかかったために育毛効果を十分に感じられないこともあります。
少し結果が出たということでやめてしまうのではなく、長期的に育毛を続けていくとそのバイオリズムもはっきりしてきます。
育毛剤の効果をきちんと感じてから今後の使用を考えたいという場合は、数年単位で育毛を続けていったほうがいいのかもしれませんね。

敏感肌用、頭皮が弱い人のように白髪染めは存在するのか

市販の白髪染めではいつもフケが出たり、頭皮が荒れてしまう

肌がもともと弱かったり敏感肌の人は、市販の白髪染めを触っただけでも荒れてしまい、髪に使ったら頭皮からフケが出てきたり炎症を起こしてしまうこともありますよね。
市販の白髪染めにはあまり敏感肌用といったものはなく、刺激の弱いタイプのものでさえも添加物や合成成分がたくさん入っているため、あまり意味がないという人も多いです。
しかし肌に悪いからといっても白髪はどんどん生えてきます。中には肌に合わない白髪染めを、白髪を染めたいがためにずっと使っているのではないでしょうか。
そんな敏感肌の人は、どんな白髪染めを使うべきか考えてみました。

頭皮を保湿する成分が入っている白髪染めはどうか

白髪染めを使って頭皮が荒れてしまうなら、頭皮を優しく保護しながら白髪染めができるものはどうでしょうか。
白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、天然色素で髪を染める刺激の少ない白髪染めです。それだけでなく、海藻エキスや植物エキスなど天然由来の成分がたくさん入っていて、頭皮を保湿する成分も入っています。
市販の白髪染めでは頭皮が荒れてしまうという人でも、頭皮に栄養を与えて保湿しながら髪をコーティングしてくれるので、頭皮トラブルを起こすこともほとんどないと言われています。
白髪染めのランキングサイトなどでは常に上位にあるのがこのトリートメントタイプやシャンプータイプのものです。
一般の方ではまだマイナーなのかもしれませんが、口コミを見る限りでは敏感肌の人も実際に使っていて、トラブルなく白髪が染められたと人気です。
市販のものでは駄目、というときは通販の白髪染めを使ってみるのも一つの方法かもしれませんね。
市販のとは違い通販の商品は、ほぼ口コミだけで人気を上げたものもあるので効果には期待できるものも多いです。

頭皮に優しい白髪染めを見つける方法はあるのか

市販の白髪染めはほとんどといっていいほど頭皮に優しいものはないと考えていいと思います。しかし通販ではかなり頭皮に優しそうな低刺激の白髪染めがたくさんあるんです。
どれも同じかと思いきや、白髪染めの効果の方にも差があるようです。
たくさんの白髪染めを使ってきて思うのは、「染まる力が強いものは頭皮に刺激となることが多い」ということです。
そのためどんなに肌に優しいと言われていても、画像などで色が不自然なぐらいに入っているようだったら何かしらの薬剤を使っている可能性があります。
白髪染めをしたい人にとっては白髪が染まらないのは問題かもしれませんが、頭皮のことを考えて、そこまで染力がない無添加などの白髪染めを選択するのも良いのではないでしょうか。

女性の育毛シャンプーの選び方について

育毛の基本は生活習慣の改善から

最近抜け毛が気になってきた、だから育毛シャンプーや育毛剤を使ってみよう、たしかに間違ってはいないのですが、男性と比べて適切な頭皮のケアをすれば薄毛は改善させやすいのです。まずは生活習慣を改善させることです。十分な睡眠と栄養バランスを考えた食事をとる、ストレスをため込まない、適度な運動などです。スタイルをよくしたいからと無理な食事制限でダイエットをして栄養不足となって抜け毛へとつながります。栄養はまず生命維持のために使われます。そのため髪の毛への栄養補給は後回しとされ、髪が細くなっていき抜け毛へとつながるのです。加齢だからといってあきらめずに、生活習慣を改善させるだけでも抜け毛はとめることができるのです。抜け毛は、年齢に関係なく引き起こされるものではあるのですが正しい食生活と早寝早起き、適度な運動で改善させます。特に睡眠は重要で、寝ている間にホルモンが分泌して髪の毛が成長します。髪の発育は寝ている間に起こりますので、夜遅くまで起きたりしていると睡眠時間が少なくなり髪の毛の発育に悪いですし、当然のことながら健康にも当然悪いのです。さらに、育毛剤を使用することで頭皮への栄養補給も効果的になります。

育毛シャンプーの選び方について

女性専用の育毛シャンプーの選び方ですが、女性用のシャンプーとなるとテレビCMなどで宣伝されていて髪の毛に艶を出して美しくみせるといったイメージがありますが、こういったシャンプーは高級アルコール系であることが多いのです。高級アルコール系は、使用すると泡立ちもよくて洗髪のあとにスッキリした感じがあります。頭皮も洗浄されますのいいようにみれるのですが、この泡立ちの良さと洗浄力は界面活性剤によるものなのです。これは、頭皮の皮脂を余計に取り除いてしまうのです。頭皮の潤いのためにはある程度の皮脂は必要なのです。そして、洗いすぎるために頭皮が荒れた状態となり育毛とはまったく真反対の効果となります。そして、髪を美しく見せるために添加物も使用されています。この添加物が毛根にひっつきやすく髪の健康な成長を阻害していしまい抜け毛へとつながるのです。シャンプーを選ぶのであれば、アミノ酸系の育毛シャンプーになります。高級アルコール系と比べると値段は高くなってしまうのですが、髪の健康のことを考慮すれば多少の出費はいたしかたないです。特徴としては、適度な洗浄力があり頭皮への刺激も少なくやさしいです。育毛剤を使うより環境をつくってくれます。